バルセロナでは失業率よりも観光問題の方が心配事と世論調査の結果

バルセロナでは失業率よりも観光問題の方が心配事と世論調査の結果

2017/08/01風景をかんがえる

Tourism bigger worry than unemployment in Barcelona, poll shows

AFP
news@thelocal.es
23 June 2017 18:06 CEST+02:00

Tourism has become the main issue of concern for Barcelona’s residents ahead of unemployment, according to a survey published Friday by the city hall of the popular seaside resort.

According to the survey, tourism in this 1.6-million-strong city was considered a problem by 19 percent of the 800 people polled, overtaking unemployment and working conditions which came in at 12.4 percent and had since 2009 always been the top concern.

“This isn’t a problem of ‘tourist phobia,’ people in Barcelona like to travel and appreciate people visiting,” said Deputy Mayor Gerardo Pisarello.
“It’s about a concrete malaise caused by overcrowding in certain districts.”
Last year, nine million tourists spent at least one night in Barcelona’s hotels.

But according to the city hall, this figure shoots up to 30 million if other rental options such as Airbnb lets are taken into account, as well as those who stay in the suburbs.

Barcelona Mayor Ada Colau, a former anti-eviction housing activist, has taken measures to try and ease the situation.

Authorities have banned the opening of new hotels in the centre and fined home rental platforms Airbnb and Homeaway €600,000 ($670,000) for marketing lodgings that lacked permits to host tourists.
However, tourism is one of the city’s main engines for growth, generating 14 percent of its economic wealth and 65,000 direct jobs.

バルセロナの住民にとって、失業率よりも観光問題の方が主な関心ごとになると、海辺の人気リゾートで市役所が行った世論調査が示す

160万強のこの都市において、800人を調査した結果、観光を問題とみなす人々が19%となり、2009年以来ずっと問題の中心であった失業と労働条件を問題とする12.4%を抜く結果となった。
「これは「観光客恐怖症」という問題ではないく、バルセロナの人々は観光を好み、またやってくる人々を歓待したい」とジェラルド・ピサレロ副市長は語った。「これは特定の地区へと集中する混雑によって引き起こされる不快感である。」
昨年、バルセロナのホテルで少なくとも一晩過ごした観光客は900万人に上る。
しかし、市役所によると、この数字はairbnbのような他の宿泊方法や郊外へ滞在する人々も含めると、3000万人に達するという。

元、住宅取り締まり反対運動の活動家であった、現バルセロナ市長のアダ・コラウは状況を改善し、緩和するための措置を講じている。

市役所当局は中心市街地の新しいホテルの開設を禁止し、観光客の宿泊サービスの許可がない宿泊施設のマーケティングに対して、ホームレンタルプラットフォームのairbnbとホームアウェイに600,000ユーロ(670,000ドル)の罰金を科した。

だが一方で、観光は都市の成長にとって主要なエンジンの1つであり、経済収入で14%、65,000の直接雇用を生み出している。